心理学評論Vol.51, No.1(2008)

特集:自己と記憶

編集:高橋雅延・佐藤浩一

高橋雅延   「自己と記憶」の特集にあたって
佐藤浩一   

下島裕美   自伝的記憶と時間的展望
      
高橋雅延   自伝的記憶の機能をめぐる問題―下島論文へのコメント―     

岩田純一   記憶と自己の発達

上原 泉   幼少期の自伝的記憶研究の課題―岩田論文へのコメント―
              
堀内 孝   エピソード記憶と自己―自己関連付け効果をめぐる問題―

佐藤浩一   自己関連付け効果の現在と未来―堀内論文へのコメント―
        
白井利明   自己と時間―時間はなぜ流れるのか―
  
清水寛之   個人の内にある時間と外にある時間―白井論文へのコメント―

工藤恵理子   現在の私によってつくられる過去の“私”
               ―想起された過去の自分に関する社会的認知研究―

川口 潤    現在の私によって作られる未来の私―工藤論文へのコメント―

野村晴夫    自己を語ることと想起すること
               ―心理療法場面を手掛かりとしたその機能連関の探索―

森岡正芳    想起・反復・現実構成―野村論文へのコメント―

岡野憲一郎   精神科臨床と記憶障害―解離の文脈から―

越智啓太    解離に関する岡野モデルをどう精緻化していけばよいか
               ―岡野論文へのコメント―

仁木千晴    経験が反映された「エピソード的意味記憶」
           ―健忘症・意味性認知症からみるエピソード記憶と意味記憶の相互作用―

梅田 聡    記憶障害における自伝的記憶の捉え方―仁木論文へのコメント―

古橋啓介    高齢者における記憶と自己

太田信夫    今後の高齢者記憶研究に七言―古橋論文へのコメント―

片桐雅隆    社会の中の自己と記憶―認知社会学からのアプローチ―

森 敏昭    心理学は認知社会学といかに協同するべきか―片桐論文へのコメント―

小林多寿子   自己を書くことと記憶―アルヴァクスの自伝的記憶―

山下清美     自伝的記憶は共有できるか―小林論文へのコメント―
         

心理学評論Vol.51, No.2(2008)

   特集:視覚研究の最前線

    編集:苧阪直行・佐藤隆夫・行場次朗・蘆田 宏

   
苧阪直行     特集号「視覚研究の最前線」刊行にあたって
   佐藤隆夫
   行場次朗
   蘆田 宏

   河地庸介      視覚的現象の知覚に関する最近の研究動向
   行場次朗          −物体同一性、因果性、通過・反発事象の知覚−

   日高聡太      仮現運動事態で内的に形成される運動物体表象
   行場次朗

   本吉 勇      質感知覚の心理学

   村上郁也      フラッシュ・ラグ効果の諸相

   金井良太      視覚のリセット

   有賀敦紀      視覚的注意の時間的限界
   渡邊克巳

   北崎充晃      視覚からの自己運動知覚と姿勢制御
   佐藤隆夫

   廣瀬信之      オブジェクト置き換えマスキングの脳内機構
   苧阪直行

   池田尊司      視覚的美しさの評価の神経基盤−神経美学的アプローチ−
   苧阪直行

   西野由利恵     3次元形状に基づく物体認知の脳機能メカニズム
   安藤広志

   山岸典子      脳イメージング技術による視覚注意メカニズムの解明

   金沢 創       2ヶ月から8ヶ月までの乳児の視覚世界−方法論とデータ−


心理学評論Vol.51, No.3(2008)

    一般論文


    野澤 晨      図形残効の時空力動性理論

    塚原拓馬     2次コントロール研究の展望ー学習性無力感理論修正と生涯発達心理学への示唆ー

    木原 健      注意の瞬きの神経基盤
    苧阪直行

    松阪崇久     笑いの起源と進化

    森口佑介     就学前期における実行機能の発達


心理学評論Vol.51, No.4(2008)

    一般論文

    香川秀太     「複数の文脈を横断する学習」への活動理論的アプローチ
                   −学習転移論から文脈横断論への変移と差異−

    川島大輔     意味再構成理論の現状と課題−死別による悲嘆における意味の探求−

    野村亮太     ユーモア生成理論の展望−動的理解精緻化理論の提案−
    丸野俊一

    石井 拓      動物のインターバル計時の諸理論と論点T−静的特徴を中心として−

    石井 拓      動物のインターバル計時の諸理論と論点U−動的特徴を中心として−

        *  *  *

    Vol.51  総目次