心 理 学 評 論
JAPANESE PSYCHOLOGICAL REVIEW
投稿規程|論文検索|バックナンバー総目次文字の扱いバックナンバー在庫状況および頒価


<この雑誌の趣旨>
 この雑誌は、すべての同学の人びとに自由な研究討論の場を提供することによって、心理学の発展に寄与することを目的とします。

<編集>
1。この雑誌の内容は、任意のテーマについての一般論文と、特定のテーマについて編集委員から執筆を依頼した特集論文とにわけられます。ただし一般論文として投稿されたもので、内容によっては特集の中に入れることもあります。
2。本誌は、特定のテーマについての特集号と自由テーマの一般号とを原則として1号おきに、年4回刊行します。

What's New!

Vol.55, No.1
 特集号    幸福感と文化              編集:楠見 孝・藤田 和生
楠見 孝 特集号「幸福感と文化」に寄せて
大石繁宏
小宮あすか
幸せの文化比較は可能か?
筒井義郎 経済学,幸福の経済学と主観的幸福度―大石・小宮論文へのコメント―
内田由紀子
荻原祐二
文化的幸福感―文化心理学的知見と将来への展望―
北山 忍 個人主義と幸福―内田・荻原論文へのコメント―
竹村幸祐
佐藤剛介
幸福感に対する社会生態学的アプローチ
竹澤正哲 進化的視点からみた社会生態学的アプローチの可能性―竹村・佐藤論文へのコメント―
子安増生他 幸福感の国際比較研究―13ヵ国のデータ―
大山泰宏 何が人を幸福にし何が人を不幸にするのか―国際比較調査の自由記述分析―
増田貴彦 文化心理学の視座から捉える文化と幸福感研究の諸問題
   ―子安他論文および大山論文へのコメント―
楠見 孝  幸福感と意思決定―決定スタイルと自己制御モードの文化差―
竹村和久 よい意思決定とは何か―楠見論文へのコメント―
唐沢真弓 幸福なエイジング―文化比較研究からみえてくること―
東 洋              幸福感尺度の概念的妥当化―唐沢論文へのコメント―
溝上慎一 学校教育で「幸福」をどのように捉えればよいか―自己の分権的力学からの示唆―
山田剛史 自己論のパラダイムシフトと幸福研究への示唆―溝上論文へのコメント―
橋本京子
子安増生
 楽観性とポジティブ志向が幸福感に及ぼす影響
坂本真士 「ネガティブ心理学」の学徒から―橋本・子安論文へのコメント―
河合俊雄 心理療法からみた幸福
野間俊一 臨床現場における幸福の意味―河合論文へのコメント―

   

   Vol.53 (2010) No.1 2010年7月   特集:感情発達
             No.2 2010年10月   一般論文
             No.3 2010年12月   特集:人間とは何か:霊長類の比較認知科学
             No.4 2011年3月    一般論文
   Vol.54 (2011) No.1 2011年8月    特集:発達障害への認知科学的接近
             No.2 2011年11月    一般論文
             No.3 2011年12月    特集:概念変化研究
             No.4 2012年3月    一般論文
          >>過去のバックナンバー総目次はこちら

   Vol.55(2012)  発行予定
             No.1 2012年6月    特集:幸福感と文化
             No.2 2012年8月    一般論文
             No.3 2012年10月   特集:多様化する錯視研究
             No.4 2013年2月    一般論文 


申し込み方法


心 理 学 評 論 刊 行 会

代表者 藤田 和生
〒606−8501 京都市左京区吉田本町
京都大学文学部心理学研究室内
TEL:075−753−2753
FAX:075−753−2835
E-mail: hyoron@psy.bun.kyoto-u.ac. jp

投稿規程論文検索バックナンバー総目次文字の扱いバックナンバー在庫状況および頒価