Hiroshi ASHIDA

MENU

Home

English Home

研究室メンバー

研究

授業・教育

リンク


News

Research Interests

Ouchi Illusion

蘆田 宏 Hiroshi ASHIDA

(芦田)

京都大学 文学系(大学院文学研究科) 教授

行動文化学専攻 心理学専修 所属

京都大学こころの科学ユニット 所属

email: ashida __at__ psy. bun. kyoto-u. ac. jp

Research Interests

専門分野: 人間の視覚情報処理とその脳内機構に関する研究

 心理物理学的実験と脳機能画像実験(fMRI)を用いて、視知覚のしくみについて考えています。運動視を中心に、各種の錯視について実験的に測定し、理論的な考察を行います。

 

大学院への進学・研究生を志望される方へ

他大学出身者の大学院(修士課程,博士後期課程)受験を歓迎しますが,研究内容や研究環境などの理解のため,できるだけ出願前に一度見学に来ていただくことをお勧めします.必ず事前に連絡をお願いします.

研究生は学生数に余裕があるときのみ受けいれます.

留学生の入国の目処がたたず、再開されても手続きが非常に煩雑なため、現在,海外からの研究生受入は停止しています。

視知覚を中心とする感覚知覚(心理学に限りません),実験心理学,脳科学のいずれかの知識・経験が必要です.修士課程の受験を希望される場合は,授業を理解できる日本語能力が必要です.文学部・文学研究科による審査が必要です.なお,中国大陸,香港,台湾の大学を出た人は事前にAAOによる確認が必要ですので,私に連絡する前にこちらをご覧ください

 

News

PCで手軽に実験を作れるフリーソフトウェア・PsychoPyの作者による解説本の邦訳です(2020/9)。

PsychoPyに関するメモを書き始めました。

学会参加/発表予定

VSS 2021 (online) 発表:藤本

最近の論文

Fujimoto, K. and Ashida, H. (2020) Roles of the retinotopic and environmental frames of reference on vection. Front. Virtual Reality. 1:581920. doi: 10.3389/frvir.2020.581920

Fujimoto, K. and Ashida, H. (2020) Different Head-Sway Responses to Optic Flow in Sitting and Standing With a Head-Mounted Display. Front. Psychol. 11:577305. Published online: 06 October 2020. doi: 10.3389/fpsyg.2020.577305

Chen, C-C., Ashida, H., Yang, X., Chen, P-Y. (2020). Seeing global motion in a random dot image sequence. i-Perception, 11(5), 1-10. First Published September 30, 2020. https://doi.org/10.1177/2041669520961104

Fujimoto, K. & Ashida, H. (2019) Larger head displacement to optic flow presented in the lower visual field. i-Perception, 10(6), 1-17. [10.1177/2041669519886903] Published Online: 08 October 2019.

Yamasaki, D. & Ashida, H. (2019). Size-distance scaling with absolute and relative auditory distance information. Multisensoy Research,[DOI 10.1163/22134808-20191467], Advanced Online Publication: 25 Sep 2019.

Uesaki, M., Ashida, H., Kitaoka, A., Pasqualotto, A. (2019). Cross-modal size-contrast illusion: Acoustic increases in intensity and bandwidth modulate haptic representation of object size. Scientific Reports, 9, 14440. Published online: 08 Oct 2019. doi: 10.1038/s41598-019-50912-8

Rogers, B., Anstis, S., Ashida, H., Kitaoka, A. (2019). Reversed phi and the “phenomenal phenomena” revisited. i-Perception, 10(4), first published online: July 26, 2019; Issue published: July 1, 2019 [DOI 10.1177/2041669519856906]

Pasqualotto, A., Uesaki, M., & Ashida, H. (2019). Vertical spatial representation of numbers across two cultures. Psihologija OnLine-First 2019 1-11. [DOI 10.2298/PSI170917031P]

Honma, C. T., & Ashida, H. (2019) Temporal cognition can affect spatial cognition more than vice versa: the effect of task-related stimulus saliency. Multisensory Research, 32(1),25-44. [DOI 10.1163/22134808-20181287] (Publication Date: 01 Jan 2019)

 

学会発表記録

2021/2/19 IEICE HIP リンク

 

関連図書newton special

「Newton別冊「錯視と錯覚の科学」錯視と脳研究」の項に協力しました.他も最新の錯視図が満載です.

知覚心理学教科書知覚心理学

知覚心理学の教科書(北岡明佳編)です.学部講義でも使います.(右図をクリック)

[古いNews]

 


Top